俳句・短歌

リハビリを兼ねて、なるべく毎日、俳句か短歌を作っている。

日々の記録や、妄想や、回想などをごちゃ混ぜて。

語順や言葉使いなどをかれこれ考えながら形式に言葉を納める作業。

楽しいし勉強になる。

 

 

0311

北比良の白峰そびえ波声に

 小路でひとり詩のこと想う

 

0312 

北比良の白峰や背には波の声

 

0313

桜から灰降る街を酔い歩き

 

0314

ツバメおり陽がしずむ幣舞橋や

 

0315

満員の小田急線で目に入る

 他人のスマートフォンの恋文

 

0316

どん底にやさしく乾いた眼差しよ

 これが愛だよカウリスマキよ

 

0318

菜の花が見える車窓に春を知る

 

0319

彼岸に祖父母いた家で本探す

 

0320

花を待つ雨を聴きつつ夏想う

 

0321

電車とまる風にあおられなごり雪

 

0322

冷雨かな寝つつ起きつつ魂が

 追いつくを待つ長旅のあと

 

0323

やる気なき日に本棚を仮設する

 知の道しるべ気を立て直す

 

0324

北向きの窓に漏れ入る春の日よ

 

0325

向こう岸自転車たちが走りゆく

 日曜の午後三月おわり

 

0326

春日暮れ川面さざめく橋脚に

 列車轟く絶えることなく

 

2週間、続けてみて、これはこれでとても有効だなーと認めつつ、これだけでは不足であることも感じてきている。これはこれで続けつつ、この次の段を踏む、日々の取り組みがほしいなーと思っている。もうすこし字数を要する形式詩ってないかなあ。

また、句自体も、ただの素描でなく、おもしろく詠みたい、という気持ちが出てくる。

 

これはこれでよい。追求していこう。